SNSを再開

テレビ局の契約社員である赤星雄治(演:綾野剛)は、大学時代の友人である狩野里沙子(演:蓮佛美沙子)から事件についての情報提供を受けます。
友人の加奈子の誘いで放置していたソーシャルブックというSNSを再開する麻美。
送別会の帰りに城野は「特急券を渡す」と言って三木を車に乗せます。
リング交換できるタイプでしたら、ハーネス用の替えリングやコックリングとして売っている金属製のリングに変えると解決するかもしれません。
一方男性と女性の場が限られるLGBTを始め性的マイノリティの人々には、1960年代から雑誌などの男性と女性投稿欄が存在していた。
一方アネロスはアメリカのHIH社で開発されているが、アネロスジャパンは「アネロスは大きさとかが欧米人用で日本人用ではない」などの噂を否定しており、エネマグラのことを「アネロスの模倣品又は偽造品」「アネロス以外はただのおもちゃ」と主張している。
「アネロス」はこの従来病院等で行われていた処置を患者自らがしかも直腸に指を挿入することなくセルフでできるようにした器具である。
追い詰められた「男」は母親を操って赤ちゃんを2階から落としますが、飛び降りた終一が間一髪で赤ちゃんを助けます。
男女問わず、人によってこのネタが使われることに嫌悪感を抱くこともある。
少年は「もう無理」と泣きながら首を絞めてくる母親も操ろうとしますが途中で止めました…。
ユートピアで働くことになった地図マニアの終一と同じ趣味を持つ叶絵は意気投合します。
ずっしり重量があって、ファッション的観点で言えばとても好き。
借金の取り立てのせいで会社も辞めた美奈代は「私の人生を返せ!」と麻美を責めます。
「お前、母親にあんたなんか産まなきゃよかったって言われてたんだろ?」
夕子が城野を励ますために、小学校時代と同じ遊びをしていたのです。城野も一生懸命にろうそくの明かりを夕子に返すのでした。
自分では持っていないのですが、何度か使用経験あり。