シーチキンの情報

ツナは、スズキ目サバ科マグロ族に分類される魚の総称の英名です。一般的に「マグロ」の英名であるという認識がありますが、正しくはカツオなども含んでいます。そのため、海外ではツナと言うことでカツオが出てくることもあります。それでは「シーチキン」という言葉はどういう意味があるのでしょうか。
日本では「ツナ」と言えば、多くの方はマグロの肉を油漬けにした「ツナ缶」を想像することでしょう。ツナ缶は手軽に良質なタンパク質が摂取でき、野菜などにも合うので重宝されている方が多いでしょう。
ではスーパーなどでツナ缶を購入しようとした場合、誰もが「シーチキン」という言葉を目にすることでしょう。このシーチキンは間違いなくツナ缶を指す言葉なのですが、一般名詞ではありません。はごろもフーズが商標登録している商品名なのです。ツナの味が鶏のササミに似ていることから、シーチキンと言う名前がつけられたのです。驚きですよね。シーチキンは英語だと思っていた人はびっくりしたことでしょう。
ところで、動物にも同性愛があることをご存知でしょうか?さるやゾウ、ヒツジなどで確認されています。特にキリンでは同性愛の傾向が高く見られます。なんと9割はオス同士であると言われています。喧嘩をしているといつの間にか興奮をしてしまうそうです。