返済計画を考えやすいことや保証料が0円なこと

長期間固定金利ということで利用を考える人の多い住宅ローンの一種、フラット35ですがどういったローンなのか宣伝広告などを見てもいまいちわかりません。
メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を考えやすいことや保証料が0円なこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が無料なことが挙げられます。
デメリットとしては基本的に物件価格の9割までの借入になることや金利が低く変動しても毎月の支払う金額は変わらないこと、銀行独自のローンではある諸費用ローンはないことが挙げられます。
他にもメリット・デメリットは存在するので利用する際は確認してからにしましょう。
念願の自宅を手に入れる際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどれに決めたら良いのか迷ってしまいます。
でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわかりません。
ここでは、ローン探しのポイントをまとめてみました。
まず、最初に行うのは金利を変動型にするか固定型にするかです。
目先の金利が低いけれど毎月の支払いが高くなる可能性のある変動型と金利が期間中変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。
変動型を選ぶ場合は金利が変わるので比べるポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35に決めた場合はここ数年は、変動型から固定型へ利用者数が変わってきているようです。
ローン関連でたまに親子リレー返済という言葉を聞いたことはありませんか?どんな内容かというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。
住宅ローンの1種類であるフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子供やその配偶者で定期的収入がある方など、3つの条件を全て満たしている場合に組むことができます。
この制度の有効な状況としては、親子で同居をしている場合や、親が高齢で住宅ローンが組めない、短期でしか組めない場合などに有効です。
新築購入時だけでなく、借り換えや住み替えを行う時にもこの制度は利用ができるので状況によっては利用しましょう。
利用ができるので状況次第で利用を考えてはいかがでしょう。
一般的にローンを借りる場合、変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がお得に見えます。
逆に支払額が高くなる可能性が常につきまといます。
そんなリスクで悩みたくないという人も多いと思います。
そういった方の場合は、各種銀行で取り扱っているフラット35で固定型で各種ローンを契約することをお勧めします。
その特徴としては完済までの期間ずっと支払額が変わらないように設定できます。
デメリットとしては、金利固定なのでたとえ低くなったとしてもその恩恵は受けられないことです。
住宅を購入するときに資金調達に活用する住宅ローンですがほとんどの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めるので場合によってはローンに落ちることもあります。
そういった不測の事態が起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。
例えば全期間固定金利のフラット35取扱実績1位のアルヒが行っている8000万円以下または建築費や取得するための価格以下となっています。
事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。
他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるのがほとんどなので「ARUHIの家検索」というサービスなど各金融機関のシミュレーションを利用しましょう。
予算が分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。
住宅を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動の悩みが嫌でフラット35で組んだ人もいると思います。
できるなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。
実はフラット35から別のフラット35への借り換えができるんです。
その際、メリットが受けたい場合は金利差0.3%以上が目安となっています。
また、変動型ローンへ変更することもできます。
行うかどうかは各銀行機関のHPにあるシミュレーションを利用して総支払額がどう変わるかやその他費用も含めて総合的に考えて検討するようにしてください。
借り換えは再び審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。
人生で最も高価な買い物と言われる住宅ですが一括で買うという人はほぼいないと思います。
住宅ローンを組んで資金調達するのがほとんどだと思います。
その際、変動型にするのか、固定型にするのか悩みますよね。
返済計画の立てやすさを重視する方なら固定型のフラット35がおすすめです。
2004年の開始当初から金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのにベストなタイミングといえます。
金利だけを見ると変動型の方が低いですが場合によっては毎月の返済額が高くなることもあります。
そのため当初立てていた返済計画が崩れることもあります。
あまり利用することのない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れが全くわからないという人も多いはずです。
ここではフラット35を例にして契約について説明します。
新築一戸建てを建てる場合では、最初に借り入れの申し込み、設計審査の申請を行い物件が基準を満たしているか審査してもらいます。
その審査結果が1週間から2週間程度でわかります。
審査に合格したら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請をしなければいけません。
竣工現場審査に合格したら借り入れのご契約や登記や抵当権の設定などの手続きが行えます。