ファーマキャリアの製薬への転職を成功させる求人選び

氏名などは伏せて紹介してくれることもあるので、その時勤務している病院にもばれずに転職活動できるサービスも多いです。得意分野が目立っていれば、大学にいる時点で製薬会社からスカウトされることもあるのでそうしたチャンスも逃さないようにしましょう。研究の感覚はできるだけ若いころの大学に在籍しているときの方が研ぎ澄まされていることも多いので、最初の就職でチャレンジしてみるのもよいでしょう。

薬剤師としての知識は研究開発だけでなく、産業医や治験でも生かせます。時には製薬や病院経営などでも生かされる知識となるので、転職を考えるときには過去のスキルもしっかりアピールしましょう。薬剤師にしかできない検査や診断も多いので、医療技術をビジネスに生かすことに抵抗がなければ積極的に売り込みをしていくのもよいでしょう。

最初は比較的やりやすい産業医から始めていき、会社の信頼を獲得していくのもよいでしょう。製薬会社にとっては薬の製造方法や新しい成分の発見は主な収入源になるので、年収も3000万円以上になることもあります。転職だけではなく、スカウトされたときにも一度じっくり検討してみてもよいでしょう。

製薬会社の求人は薬剤師向けのサイトには掲載されないこともあります。スカウトをするだけでよいスキルを持っている薬剤師に限って探してくれることもあるため、もしスカウトがあればある程度チャンスだと思ってもよいでしょう。製薬会社にとっては企業秘密になるような情報も多いので、求人サイトにはしっかり研究開発ができる薬剤師であることをアピールすると魅力的な話を持ち掛けられる可能性も高まります。

アピールはしっかり工夫して行い、効率的に転職活動を進めるようにしましょう。場合によっては他の薬剤師や先輩薬剤師の紹介もしてもらい、少しでも良い仕事に就けるように工夫していきましょう。

ファーマキャリアの口コミ評判※オーダーメイド求人の紹介が魅力