トランクルーム利用の注意点

トランクルームに荷物を保管する際に最も気にしなければいけないことがあります。
それは、預けた荷物へのカビ対策です。
実際に気づいたらカビてしまっていた。
という話も良く聞きます。
トランクルームの構造や防犯上、締め切っているところが大半なので通気性が悪く、湿気がこもりやすくなっています。
特に屋外のコンテナタイプでは金属製なので湿気がこもりやすいでしょう。
対策の第一歩としては、空調管理ができる場所を選ぶことです。
他にも結露が発生しやすい壁際から数センチ離して置くようにしましょう。
ただ、1番の対策は定期的に自分で荷物の様子を見ることです。
そのため、1番の対策は定期的に荷物の様子を自分で見ることです。
部屋に荷物が増えてきてしまいもう収納場所がないという場合にアパートなどの賃貸の場合、庭がないので自宅に倉庫を置くことができません。
そういった方はトランクルームを利用してはどうでしょうか。
預けるものが衣類や書籍など湿度に弱い物品の場合はビルの1室などの屋内型のトランクルームをお勧めします。
数が多いでも多くの場合エレベータが設置されてあるので預け入れるのも持ち出すのも楽にできます。
他人からわかりにくくなるので美術品を預ける方もいるようです。
職場近くのルームを借りて仕事終わりに使う運動道具を置いている人もいるようです。
部屋を借りる際、皆さんはどういったことを気にしていますか?日当たりや間取りを気にする人も多いですが女性の場合はオートロックなどの防犯面が気になるという人が多いのではないでしょうか。
防犯面を気にするのは、トランクルームを借りる際にも重要です。
家に入りきらなくなったものを収納するトランクルームですが預けたものの中には高価なものもあるということも少なくなく防犯面・セキュリティが気になる人も多いはずです。
屋外型と屋内型の2種類が存在しますが屋外型の場合、コンテナ扉の鍵だけということも珍しくありません。
警備員が常駐、巡回しているところも多いです。
日本には四季があり、その季節ごとに着る衣類もガラッと変わります。
しかし冬物の衣類などは嵩張りがちでオフシーズンは嵩張り、スペースを圧迫しているとお困りの人もいるのではないでしょうか。
そのため、夏の期間だけ、トランクルームに預けるという人も多いようです。
では、衣類を預けるのに適したのはどんな種類のルームなのでしょうか。
それは、空調設備の整った屋内型がおすすめです。
空調設備があるため、気温や湿度に左右されにくいというメリットがあります。
料金だけを見て屋外型の方が安いことがわかりますが、そのため、料金だけを見て屋外型を選ぶと預けるものによってサービスを選びましょう。
一般的にトランクルームと呼ばれているサービスは広い意味で捉えられています。
倉庫業者の運営する「トランクルーム」と非倉庫業者の運営する「レンタル収納スペース」の2種類があります。
不動産業者などのお非倉庫業者の行う「レンタル収納スペース」の2種類に別れ、この2つには大きな違いがあります。
倉庫業者の営んでいるサービスは倉庫業法により預かったものに対して保管義務があり、破損や紛失があった際に保証を受けられます。
そのため荷物の引き渡しをするには営業時間中に立会いが必要になります。
一方、不動産業者などの行なっているサービス内容は、荷物を預かるのではなく、収納するスペースを貸すという形になるので、荷物を紛失したとしても保証は受けられません。
メリットとしてはスペースを貸す契約なので原則24時間利用ができます。