肌にうるおいをキープするために必要なことは?

乾燥肌に悩んでいる人にとって、お肌のうるおいをどうやってキープしたらいいのかというのは大きな課題だと思います。
そもそも、どうして私たちのお肌は乾燥してしまうんでしょうか。
肌が乾燥している状態というのは、肌の水分が減少して角質層(肌の表面部分)がガサガサになってしまっている状態です。
本来、お肌は一番外側のこの角質層の部分に、肌の水分が蒸発するのを防いで、水分をキープする働きがある細胞間脂質などがあります。
そして、分泌される皮脂によって表面に皮脂膜というものが作られ、皮膚を膜で覆うことで水分の蒸発を防ぐのです。
これらを総じて「バリア機能」と言います。バリア機能が正常に働いていることで、肌の水分はキープされるんですね。
乾燥肌というのは、何等かの理由でこのバリア機能が失われてしまった状態で引き起こされます。
特に、肌に過剰な負担がかかってしまうことで、このバリア機能が低下するということはよく知られています。
ですので、乾燥肌対策としてスキンケアをする(乾燥肌に特化した美容液や化粧水などを使う)ということももちろん大事なんですが、それ以上に「肌に負担をかけない」ということも大事なんですね。
肌に負担が大きくかかるのが、クレンジングです。
メイクをしっかり落とさなくちゃと思って、洗浄力が高いクレンジングでゴシゴシと顔を強くこすって落とそうとすると、肌に大きな刺激が与えられて負担が増して、それが乾燥を引き起こす可能性がとても高いんです。
オイルタイプのクレンジングを使っている人は要注意。メイクは簡単に落ちていいのですが、肌への負担はかなり大きいということを意識しましょう。
乾燥肌の人なら、クリームタイプのクレンジングか、バームタイプのクレンジングを使うのがおすすめ。
特に、バームタイプのクレンジングの場合、洗浄成分だけでなく保湿や美容のための成分も配合しているものも発売されています。
たとえば、口コミで人気のビューティークレンジングバームなどは、洗いあがりのしっとり感がすごいと話題です。
乾燥肌の方こそ、スキンケアだけでなくクレンジングも見直してみるといいかもしれませんね。