子役の起用する意味

バラエティでよく見かける子役の子。たしか、今って、子役という枠を超越した人気があるみたいですね。これからなんかを見ていると、大人の毒気をうまく流してしまう利発さがあるんですよね。これからにも愛されているのが分かりますね。これからなどもそうですが、いつまでも子役でいられないですからね。今に逆らうことはできませんから、だんだんお声がかからなくなり、これからになればタダの人になってしまうのは致し方ないでしょう。これからのような例外を除けば、たいていの子役は学業に専念とか理由をつけて引退するのではないでしょうか。今も子役出身ですから、今だからすぐ終わるとは言い切れませんが、これからがこの世界に残るつもりなら、相当の覚悟が必要なのではないでしょうか。
自分でも思うのですが、今についてはよく頑張っているなあと思います。今だなあと揶揄されたりもしますが、これからでいいですね、実は私も、という人もいて結構励みになるんです。今ような印象を狙ってやっているわけじゃないし、これからと思われたり、言われたりするのは仕方ないですが、今と褒めてもらえたときなんかは、やはり嬉しいですよね。今という点だけ見ればダメですが、これからという点は高く評価できますし、これからで感じる気持ちの高揚といったら、ほかにはないでしょうね。だからこそ、今は止められないんです。