作業しているのに売上がなかなか増えない

アフェリエイトに精通している者であれば、つい先日にVALU問題で大炎上した人気YouTuberのヒカルさんが、遠い昔に情報商材で稼ごうとしていたことは常識中の常識である。 デジタル大辞泉 – 情報商材の用語解説 – 主にインターネットを通じて売買される、金儲(もう)けの方法などの情報。投資やギャンブルの必勝法やネットビジネスの成功術などと称するが、有用な情報かどうかは購入するまで分からないのでトラブルも多い。
連載「副業でやらかしまして。」では、大金持ちになるという野望を持ったフリーター「しんま」氏が、株や投資、せどりなどの副業でやらかした経験を語ります。情報商材の黎明期から業界を知っている著者が真実を暴露。有用な情報商材と詐欺的な情報商材の見分け方や、レビューの裏側を紹介。情報商材を販売したい人のために、情報商材の作り方や販売方法なども解説しています。ぜひクリックして、読んでみてください。
【2017改訂版】どうして情報商材屋はクズなのか、3つのポイントにまとめてみた – More Access! More Fun! % – 永江一石のITマーケティング日記。こんにちは、タロウです。(@syuty) Youtuberのヒカルさんってご存知ですか?
ツイッターより引用 競馬でキタサンブラックに1000万賭けてみたり、祭りの屋台でくじの中に当たりがないことを確かめるために店のくじを全て買ったりしてるYoutuberのヒカルさんです。最近、VALUでやらかしたり、文春に狙われたりと かなり炎上気味。
その話題の1つに、【昔、情報商材を売っていた】と言うものがあります。 情報商材とは? その名の通り情報を売ってお金を稼ぐビジネスです。 例えば、”ゴルフレッスンのビデオ”とか”犬のしつけのノウハウ”とか、過激なところで行くと”お金を稼ぐ方法”とかもあります。
インターネットに怪しい情報商材屋が増えています。 きっかけはnoteの流行からでしょう。noteは「クリエイターを支援する」という理念の元、直接課金ができるシステムを作り上げてきました。
【PR】
情報商材で稼ぐ方法、初心者の方向けに、情報商材の作り方・販売方法・リスト集めまに至るまで、情報商材を作ってから売るまでに必要なこと全て書いています。商材